スキンケア

表皮常在菌の種類と美肌菌の働き

表皮常在菌とは、肌表面に存在する「菌」です。

この菌は、天然の保湿クリームを産み出したり、

肌を弱酸性に保ったりと、

肌を良好に保つために必要な働きをしてくれるのです。

ですので、この表皮常在菌を味方にして

美肌を手に入れましょう。

そして、ここ数年で「美肌菌」をよく耳にしますが、

表皮常在菌の美肌菌ってどんなものなのかを書いていきます。

表皮常在菌の種類と働き

表皮常在菌の種類には、大きくわけて3種類存在します。

・善玉菌

・中間菌

・悪玉菌

この3種類の菌の違いは、

善玉菌は肌を良好に保つ為の成分を分泌し、

悪玉菌は、肌に悪さをする菌です。

中間菌は現状の肌が、

善玉菌が多ければ良好な働きを行うが、

悪玉菌が多い不調な肌には、更に悪さをします。

そして、善玉菌が天然の保湿クリームを産み出すことから

美肌菌とよばれています。

善玉菌(美肌菌)

善玉菌は、皮脂や汗を食べてグリセリンなどの保湿成分を産み出します。

肌を弱酸性に保ち、抗菌ペプチドをつくり悪玉菌を退治します。

このような大切な働きをする美肌菌は、

何故減ったり増えたりするのか。

原因

過度なクレンジングと洗顔  →落としすぎ

過度なスキンケアの塗布   →バリア機能の低下

スキンケアの抗菌成分    →美肌菌の減少

食生活の乱れによる過剰な皮脂分泌  →美肌菌が食べきれず皮脂が肌表面で余ってしまい、毛穴に詰まり酸素が減りアクネ菌が増えるのでニキビが多発する

様々な原因が存在しますが、「美肌菌」を保つには、

☑強力なクレンジングを使用しない

☑洗顔で顔をごしごししない

☑化粧水、乳液、クリームとたくさんの保湿成分を使用しない

肌は自然と保湿成分を産み出すので、

その手助けをするつもりでスキンケアを塗布します。

習慣のように、毎日同じスキンケア・同じ量を塗布する必要が本当にあるのでしょうか。

表皮常在菌は、異物の侵入を防ぐバリア機能が備わっています。

化粧品は化学物質ですので、「異物」となりますので、

スキンケアの付けすぎは、バリア機能の低下になります。

スキンケアをしているのに肌が乾燥する・トラブルが減らないと感じている日人は、使用するアイテムや量を見直してみてください。

ですので、今の肌の状態をみて、必要なもの・必要な量を塗布することを心がけるだけで肌のバリア機能は正常の働くことができます。

そのスキンケアの中に「抗菌剤」が美肌菌を減少させます。

ですが、化粧品を安心安全に使用する為に、配合されているものは多いです。

ですので、こういった抗菌剤が入っているものは、より使用に注意が必要です。

抗菌剤…メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベン

メチルパラベンが、殺菌力が一番弱く、肌への刺激が非常に少ないので低刺激化粧品にも配合されています。

多種類のパラベンが使用されていても「パラベン」とひとくくりにされていることがあります。

中間菌

中間菌の中で代表的なものが「アクネ菌」です。

アクネ菌ってニキビをつくる悪玉菌なんじゃないの?

って思われる方多いのですが、

「アクネ菌」は、善玉菌が多いと肌にいい働きをしてくれるいい菌なのです。

肌を弱酸性に保つ働きをするのが、このアクネ菌です。

ただし、皮脂分泌が多くなり肌表面に酸素がなくなるとアクネ菌は居心地が悪くなり、悪さをしだします。そして炎症が起き「赤ニキビ」ができるのです。

ニキビを恐れて、アクネ菌を殺菌するスキンケアもありますが安易に使用するのは危険です。

赤ニキビができるから「アクネ菌」を殺菌するのではなく、「皮脂の過剰分泌した分を洗い流す」・「適度な保湿」を意識しましょう。

肌に酸素がない状態(皮脂や角質が毛穴に詰まった状態)をつくらない。

これが、一番のニキビケアになります。

悪玉菌

悪玉菌は、肌トラブルの一番の原因の菌です。

黄色ブドウ球菌やレンサ球菌の2種類があります。

・黄色ブドウ球菌…体内に入ると、食中毒や肺炎を引き起こしたり、アトピー性皮膚炎の悪化の原因や黄色ニキビの原因をつくったりします。

・レンサ球菌…肌の痒みや炎症を引き起こしたり、体内に入るとリウマチ熱や髄膜炎になったりします。

8割の人が常在菌の中に黄色ブドウ球菌をもっていませんが、2割の人は保有しており、時々悪さをします。

アトピー性皮膚炎の方は保有率が高いとされています。

そして黄色ブドウ球菌は自然界のどこにでも存在してしておりますので、常在菌としてもっていなくても、いつ感染してもおかしくないのです。

感染すると、酸素を好むので、毛穴の中に入りこみ「黄色ニキビ」をつくりだし、黄色い膿を餌にして、また大繁殖します。

黄色ブドウ球菌が存在するといいことがありません。

ただ、この悪玉菌を退治してくれるのが美肌菌とアクネ菌になります。

「美肌菌」を大事にして「アクネ菌」を味方にする

これが重要になります。

まとめ

善玉菌・中間菌・悪玉菌の3種類の表皮常在菌の働きを紹介しました。

善玉菌(美肌菌)を正常に保つためには、

クレンジングや洗顔の落とすケアを見直し、皮脂の落としすぎに注意すること

毛穴つまりをしない為にも、メイク類や過剰な皮脂はきっちり洗い流す

☑今の肌に必要なスキンケアを正しく塗布する

この3つが大切だということがおわかりいただけたと思います。

そして、美肌菌を正常に保つとアクネ菌は味方になり肌を弱酸性に保ってくれ、

一緒に悪玉菌と戦ってくれます。

是非、美肌菌の育成をしていきましょう。

美肌菌の育成に特化したスキンケアのご紹介はこちら。

ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。