スキンケア

失敗しない美顔器の選び方!ホームケアで-5歳肌を手に入れる

美顔器とは美肌を保つ為のホームケアで使用する機器のことです。

年々進化し続け現在は非常にたくさんの種類の美顔器が存在します。

この美顔器の選び方を簡単にご紹介していきます。

美顔器の必要性

美顔器は必要なのか?

というところですが、年齢とともにたるみやしみなどの悩みが増えます。

何故増えるのか。

それは、弾力繊維を産み出す細胞の減少や保湿因子の減少などの【加齢】

紫外線や摩擦などの外的刺激による【肌ストレス】が原因です。

さらに精神的ストレスやホルモンバランスの乱れなどの【内的要因】も考えられます。

様々な要因が、肌の老化を進めてしまうのです。

では、皆さんはどんなお手入れをされていますか?

スキンケアで肌老化対策をされている方が多いと思います。

スキンケアでの肌老化対策

・保湿
・ビタミンC誘導体
・プラセンタ
・EGF
・FGF

などで肌老化を遅らせるには効果的です。

サプリメントもしっかり摂取して内側からのケアも万全。

本当にそれだけで大丈夫ですか?

 

そもそもスキンケアでは限度があり、サプリメントは排出されます。

化粧品では期待できることは『肌を清潔にすこやかにできる』ということ。

シミもしわもたるみも消えません。

あくまですべて『予防』ということです。

そして、早く改善したい方は美容皮膚科に通います。

合計金額数十万‥

通うためには、”時間”と”お金”がかかります。

更に維持するために”継続する意志”も非常に大切です。

近年では、働く女性が増えお金に自由のある方もいらっしゃいますが、時間の確保が難しいかったり、妊娠や出産や子育てに家事と仕事の両立に女性は常に忙しい。

そんな忙しい女性でも、自宅でできる”ホームケア”が熱いのです。

時短で、コスパが良くスキンケアだけでは改善しきれない肌悩みにアプローチをしてくれます。

ホームケアの中での【美顔器】が

日常のスキンケアでは得られない効果を得ることができます。

何故なら、美顔器も発端は美容皮膚科での治療にインスパイアされた商品が多いので、

目に見える変化がわかる効果的な商品開発をしているところが多いです。

日々進化し続けているわけですので、

選び方次第で自分に合った美顔器に出会えます。

美顔器の種類

代表的なものでご紹介していきます。

超音波タイプ

肌悩み

くすみ(血流が悪い・角層の重層化)

乾燥

 

超音波とは、人間の耳に聞こえない高い周波をもつ音波のことです。

気体・個体・液体などによって伝わり方が違います。

肌内部の細胞にアプローチができる機器です。

☑古い角質や汚れを落とすことができる

☑ターンオーバーを整える

選び方のポイントとしては、毎秒数万回という振動を肌に与えて美肌効果を得るものなのですが、200万回~300万回の振動が効果的です。

RFタイプ(ラジオ派・高周波)

肌悩み

はりのなさ
たるみ
たるみ毛穴
むくみ

 

RF派は肌に熱を与えて熱損傷によりコラーゲンなどの弾力繊維の増加を期待できる機器です。

高周波は深部を温めることができるので、

血流をよくしたりリンパの流れをよくしたりできるので、老廃物の排出がスムーズになります。

EMS(低周波)

肌悩み

表情筋のしわ

たるみ

 

RFとは違い、こちらは低周波で肌の更に億の筋肉にアプローチができます。

微量な電気を人間の体に流すことで、神経を通って筋肉に信号を送ることができます。

こり固まった筋肉をほぐして、しっかり活発に働かせることができます。

ローラー

肌悩み

くすみ(血流の悪い)
むくみしわ

 

ローラーは自分の手でローラーを顔上にコロコロ転がしてプレスします。

こちらは、手動なので電気なども使用しない為いつでもどこでもでき肌への負担も最小限に抑えることができます。

こちらは、筋肉をほぐすことができます。

 

イオン導入・導出

肌悩み

乾燥
しみ
くすみ
毛穴の黒ずみ

 

電気の力を利用して美容成分を肌内部に浸透させることができ、

毛穴の奥深くの汚れを吸着させることもできます。

イオンの力で取り除くので、肌負担の少ないです。

浸透させる美容成分はビタミンC誘導体やプラセンタがおススメ。

ウォーターピーリング

肌悩み

くすみ(重層化)
毛穴汚れ
ニキビ跡(色素沈着)

 

超音波を使用して、微細な振動に水を与えることで細かいミストになり肌に噴射させ、その威力で毛穴汚れを落とします。

古い角質も一緒にはぎ落とせて、ターンオーバーを促します。

ケミカルピーリングやAHAなどの酸でピーリングをするより肌に刺激が少なく、敏感肌の方でもはじめて頂きやすいです。

LEDタイプ(フラッシュ・フォトフェイシャル・IPL)

肌悩み

はりのなさ
たるみ
しわ
くすみ
しみ
ニキビ肌
脂性肌
乾燥肌

 

波長の違う光を肌に与えて美肌効果を期待できるものです。

様々な肌悩みに対応でき、一番肌質改善が見込める美顔器だと思います。

ただし、美顔器それぞれに『どの色』が入っているのかを確認しましょう。

赤→コラーゲンの生成
青→皮脂分泌を抑え、殺菌、収斂作用
黄色→ターンオーバーを促す、解毒、美白、ニキビ肌、くすみ
白→たるみ、リフトアップによるひきしめ
オレンジ→乾燥肌、しわを伸ばす、肌老化を遅らせる
紫→分泌腺を刺激し、リンパを流す
緑→メラニンの排出、透明感UP、色素沈着

 

 

※色による肌効果などは、メーカーによって表現が変わりますので予めご了承ください。

レーザータイプ

肌悩み

しわ しみ

 

レーザーは、どれよりも肌の奥にピンポイントでアプローチができる機器です。

レーザー光線により弾力繊維の増加やメラニン色素の破壊を期待できます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これだけの種類が存在し、他にも機能のある美容機器もあります。

 

今回は、よくみかける機能についてご紹介しました。

 

美容機器の中でも多機能な製品特化した製品などもあるため見きわめて選んでみてください。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。