スキンケア

界面活性剤は本当に危険なのか?

界面活性剤は悪い、天然のものは良い、と認識している方が多いと思います。

それは本当なのか、どのように肌への負担があるのかを知りたい方必見。

界面活性剤ってなに?

界面活性剤は、油分と水分を混ざり合わせるものです。

本来、油分と水分だけでは混ざり合わないですが、

界面活性剤は、親油基という油になじみやすい部分と、

親水基という水になじみやすい部分と、両方を兼ね備えています

この界面活性剤を間に入れることで、

油と水を混ざり合わせることができるのです。

例でよく例えられるのは、「マヨネーズ」

食用油・酢・卵を材料としてますが、

油と酢だけでは、分離してしまいます。

ですが、卵の卵黄に含まれるレシチンという脂質が、

界面活性剤の役割になり、食用油と酢を混ざり合わせるのです。

他にも、牛乳やバターも同じように身近で油と水を

混ざり合わせる天然の界面活性剤が存在します。

そこで、皆さんが一番気になるのは、

化粧品に入っている界面活性剤ってどんなもの?

肌には危険なのか?というところを迫っていきます。

化粧品に入ってる界面活性剤ってどんなの?

タイプ別に4タイプの界面活性剤が存在します。

ひとつづつ見ていきましょう。

アニオン型

陰イオンともいわれる水に溶けると親水基の部分が陰イオンになるものです。

主に、シャンプーや洗顔料に使用されて、洗浄力が高く強く泡立ちがいいです。

成分例…名前の最後に「~石鹸」「~硫酸ナトリウム」とつくもの。

高級脂肪酸石けん・ラウリル硫酸ナトリウムなど。

皮膚刺激は比較的弱い

カチオン型

陽イオンともいわれている、水に溶ける親水基の部分が陽イオンになります。

主に、トリートメントやコンディショナーやリンス、制汗剤などに使用されています。

柔軟や、帯電防止や、殺菌の役割を果たします。

成分例…名前の最後に「~クロリド」「~アンモニウム」とつく界面活性剤です。

ベンザルコニウムクロリド・ベヘントリモニウムなど。

皮膚刺激はやや強いです。

アンホ型

両性イオンともいわれて、水に溶けるとPHにより

陽イオンや陰イオンになるものです。

主に洗浄や乳化助剤としてベビー用品や高級シャンプ・リンスに使用されています。

成分例…名前の最後に「~ベタイン」とつく界面活性剤になります。

コカミドプロピルベタイン・アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインなど。

皮膚刺激は弱いです。

ノニオン型

非イオンといわれて、水い溶けたときにイオン化しない親水基をもっているもの。

主に、乳化・可溶化として化粧水・乳液・クリームを中心に多く使用されているもの。

成分例…名前の最後に「~グリセリル」「~水添ヒマシ油」「~ポリグリセリル」「PEG~」「~ソルビタン」「ポリソルベート~」「ソルベス」「セテス」「ラウレス」「オレス」「ステアレス」「ベヘネス」「トリデセス」「ソステアレス」「コレス」「~DEA」とつく界面活性剤です。

ステアリン酸グリセリル・PEG-60水添ヒマシ油など。

皮膚刺激はとても弱くほとんどありません

まとめ


界面活性剤はあらゆるアイテムに入っていますが、

用途によって、界面活性剤の種類が違い

肌への刺激も違います。

お顔に付ける、スキンケアに配合されている界面活性剤は

皮膚刺激はとても弱いので心配する必要はないかと思われます。

それに比べて、カチオン型は皮膚刺激がやや強いとされているので、

シャンプーやリンスなどの成分に注意が必要になるかと思います。

また、このシャンプーやリンスに使用されている界面活性剤が

化粧品に入っていると、もちろん肌への負担は大きいです。

油分と水分が混ざることがない以上は、界面活性剤は必ず必要な成分になります。

合成界面活性剤を無添加と言っている商品は、

天然の界面活性剤が入っているはずです。

天の界面活性剤の中でも「サポニン類」の中には、

赤血球を破壊する溶血作用をもっているものがあります。

天然の界面活性剤だから安心ということはありません。

そして、何百年もの歴史のある合成の界面活性剤であるアニオン型は

石鹸が代表的なものがありますが、危険なものとは思われていません。

これを機会に、界面活性剤を悪者と決めつけずに

正しい商品選びを行っていきましょう。


ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。