ビューティー

意外と知らない美容クリニックとエステサロンの違い

医療機関の違いと美容クリニックとサロンの違いをまとめました。

クリニックと病院の違い

クリニック・医院

「〇〇科」「〇〇クリニック」「〇〇医院」などは、医療機関を指す【診療所】となります。

診療所とは、入院設備がないもしくは19床以下での外来が中心です。

軽いけがや慢性期疾患などの症状は落ち着いているが引き続き治療が必要な病気やけがの診療を行っている場所のことです。

クリニックは、開設者が医師か非医師かは問われず、法人が解説することもあります

病院よりも初診料が高く設定されています。

病院

「〇〇病院」「〇〇総合病院」などが病院です。

突然発症し重症化する可能性のある急性期疾患の診療や

MRIやCTなどの精密検査など場所です。

☑床数は20以上

☑医師の人数が3人以上

☑患者3人に対して看護師1人

などの特徴があります。

サロンは?

エステサロンは、治療目的ではなく「顔や体のマッサージ・トリートメント・パック・脱毛・痩身・体型補正」などを目的とした【美容サービス】です。

美容医療を受けることができる場所は、診療所であるクリニックになります。

医師法・医療法・薬事法などで医療・医療類似行為と判断がつきにくい表現

「治す」「治る」「治療」「療法」「医学的」「医療」「診療」「診断」「効く」などの用語はNGです。

エステサロンは、民間資格をもつ方が施術を行っています。

脱毛はサロンではできません。

脱毛といっても制毛処理を行っている状態です。

脱毛は毛根細胞にダメージを与えて効果を得るので、毛根の細胞を破壊する行為は、サロンでは医師法で禁止されています。

なので、医療脱毛に比べても何度もサロンに通い脱毛の効果を得るものですので、時間がかかります。

エステサロンでの効果

たとえば、ニキビが悩みであれば

クリニックでの治療

「ニキビの原因菌による炎症を抑える薬を使用した治療法」

それにより、ニキビでの赤み・腫れなどの症状を抑えることができます。

エステサロンでの治療

「肌の炎症を鎮め、余分な皮脂を分解する効果のある美容成分を肌に浸透させる方法」

それにより、ニキビによる炎症を抑え、ニキビができにくい体質へと改善していきます。

施術での大きな違いは”使用するもの””期待効果”です。

薬を使用することができるので、状態が悪化している場合はクリニックへ。

使用できる成分に上限のあるエステサロンでは、改善よりも予防目的で通いましょう。

ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。