スキンケア

収れん化粧水は肌に刺激が強いって本当?

通常の化粧水を使用する目的は、保湿・柔軟などの役割がありますが、

収れん化粧水は、肌を引き締める・皮脂を抑えるなどの目的で使用します。

そこで、「収れん化粧水は肌刺激がある」と認識している方が多いので、

収れん化粧水は肌にどんな影響を与えるのか・どんな刺激があるのかを簡単に解説していきます。

収れん化粧水とは

収れん化粧水は、トーニングローションや引き締め化粧水ともよばれることがあります。

収れんの役割は、肌を引き締める・皮脂を抑えるが大きくありますが、

この役割が肌にどんな影響を与えるのか。

☑毛穴が縮む(目立たなくなる)

☑肌のほてりがなくなる

☑保湿後のべたつきがなくなる

☑過剰な皮脂によるニキビや吹き出物を減らす

☑皮脂でのメイク崩れを防ぐ

などの影響を与えます。

夏に使用されることが多いアイテムになります。

皮脂の多い方や、保湿をしっかりしたいがスキンケア後のべたつきが気になる人にはぴったりです。

ブランドによっては、美白成分や毛穴を引き締める成分や保湿効果の高いものからたくさん種類が販売されています。

自分に合った【収れん化粧水】が見つかるはずです。

収れん化粧水が肌に刺激が強いと思われる理由

原因は成分と使用方法です。

収れん化粧水は成分の中で、アルコールが多く配合されていることが多く

一般的にアルコールといわれる「エタノール」は揮発性があり

水分が蒸発するときに熱を奪うことで

肌にすーっとした清涼感を感じることができます。

アルコール過敏症の方には通常の化粧水よりも

赤みが出たりかゆみを感じたりする方もいらっしゃるかと思います。

更に、収れん化粧水の使用方法で「パッティング」があります。

コットンに収れん化粧水を含ませて顔全体に空気を送り込みパッティングをするという使用方法が肌への刺激になるといわれていますが、

肌が不調な場合でなければ、パッティングは肌刺激になる場合は少ないです。

むしろ、パッティングをする方が肌がひんやりし皮膚温を早く低下させることができるので効果的です。

ニキビや吹き出物や乾燥や肌荒れが起きてない場合は、パッティングがおすすめです。

どんな肌の方が使用すると効果的なのか

収れん化粧水は、

肌に皮脂が多くベタつく方

毛穴が開きやすい方

顔にほてりがある方

に使用して頂くのにピッタリです。

敏感肌や乾燥肌の方には不向きですので、肌状態を観察しながら使用していきましょう。

おすすめ収れん化粧水(エリクシールホワイトトーニングローション)

【商品】

165Ml  ¥4320

薬用美白収れん化粧水

※メラニン生成を抑えてしみ・そばかすを防ぎます

【使用感】

2層式で皮脂吸着パウダーが配合されているので、

肌がさらっとした質感になります。

乾燥もしなくて、アルコール感が全くないです。

DO肌・O肌の方に使用していただきやすいアイテムです。

美白成分配合されていますが、美白を期待するのは使用を続ける必要があり

収れんは肌の状態によって使うものなので、

美白効果を期待するのは難しいと感じています。

【使用方法】

化粧水・乳液のお手入れの最後にコットンに収斂化粧水をとり、

コットンで肌をパッティングします。

しっかり肌を保湿した上で使用しないと肌トラブルに繋がるので、

使用方法を確認して使用しましょう。

エリクシールホワイトトーニングローション オンラインショップ

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。