化粧品開発のこだわり

1.美容理論に基づいた化粧品開発

皮膚は外界から体を守るとても重要な部分です。

そんな皮膚の一番表面である角層を健やかに保つことが、

肌の健康だと考えています。

誤ったスキンケア法や肌質に合わないアイテム選びなどによって

角層の働きは不十分となり、肌の健康が損なわれます。

シャルムは角層を最も重要視した導入美容液を販売しているブランドです。

5つのキー成分で角層の働きをサポート

  1. 水分保持(乳酸桿菌/米ぬか発酵液)
  2. ケラチン繊維が整列(サガラメエキス)
  3. CEの成熟(フカスセラツスエキス)
  4. 細胞間脂質が整列(セラミドコンプレックス)
  5. NMFが産生(乳酸桿菌/米ぬか発酵液)
  6. 皮脂膜が正常(a-グルカンオリゴサッカリド)

2.無添加処方

肌負担と考える成分を入れず、肌トラブルのリスクを最小限にします。

×パラベン×エタノール×シリコン×鉱物油×石油系界面活性剤×紫外線吸収剤

3. MADE IN JAPAN

製品のエビデンス(有効性・機能性・安全性)を表現する評価試験を国内多数レベルで所持しているOEM会社にて製造。

自社の美容理論に加えて安全性を徹底した製造環境の元、シャルムは生まれています。

異物混入・品質汚染リスクを最小化

医薬品製造工場と同等クラスのクリーンな化粧品工場で製造されています。

また、製造過程でオリジナル設計により”ナチュラルでありながらかつ高性能な化粧品”が実現でき、

シャルムは植物の自然由来で安全性が高く、肌への効果実感が感じやすい製品です。