ビューティー

ニキビ治療。ツヤツヤたまご肌になるには

ニキビはできると痛みを感じたりする以外にも、鏡をみる度に気分が下がったり出かけるのが嫌になったり日常生活にも悪影響を及ぼします。

ニキビができやすくなかなか治らない。

ニキビができてもすぐ治るけど、また出来ての繰り返しで常にニキビ肌。

こんなニキビ肌から脱出し、ツヤツヤたまご肌になる為の

医療治療からホームケアまでをご紹介。

ニキビとは

尋常性挫創という皮膚の病気です。

顔・背中・胸などによくできる赤いプツプツとしたものですニキビは、毛包(毛の根本にある袋状の部分)や皮脂腺が炎症を起こしている状態です。

原因

1,過剰な皮脂分泌

ホルモンバランスの影響・脂性肌・糖分、油分の多い食生活など。

思春期では、男性ホルモンが増えるので10代では最もニキビ悩みが多い。

2,毛穴の出口が角化している

新陳代謝が低下・肌の乾燥・酸化

3,アクネ菌の繁殖

脂性肌・お手入れ不足・過度なお手入れ

などの原因が考えてられます。

ニキビの経過

肌が正常な働きをしている場合、ニキビの原因となる菌は保湿成分を産み出したり、善玉菌の働きを助けたり、肌を弱酸性に保つ働きをしますので、悪さをするだけではありません。

ただし、ある一定の条件になると肌への刺激となる物質を出し始めて、ニキビの原因をつくりだします。

ニキビ菌は、空気を嫌いますので毛穴の中に入り込みます。

(面ぽう)

毛穴が塞がれて、皮脂が外に出れない状態。

毛穴が塞がれるのは、肌の角化不良や皮脂の過剰分泌やクレンジング不足や過剰なスキンケアなど様々な原因があります。

(丘診)

皮脂や汚れや過剰に繁殖したニキビ菌が、毛穴に詰まった状態で赤く炎症が起きている状態。

(膿疱)

炎症が進み広がった毛穴の壁が破れて炎症は周囲にまで広がり膿をもちます。

(黄色ニキビ。黄色ニキビついて後の記載してます)

その後、膿が取れた後のぽっかり穴が開いた状態を「ニキビ跡」「クレーター」など呼びます。

ニキビの種類

白ニキビ

ニキビの最初の段階。

毛穴に皮脂が詰まり古くなった状態。

ニキビの患部が薄い皮膜で覆われていて、表皮はまだ閉じており、

発疹が白っぽくみえる。

黒ニキビ

白ニキビが進行した状態。

毛穴に詰まった皮脂が盛り上がり毛穴が開き、空気に触れた皮脂が酸化して黒っぽく見える。

赤ニキビ

黒ニキビや白ニキビが進行して悪化したもの。

毛穴に詰まった皮脂や汚れに細菌が繁殖して炎症を起こし赤く腫れた状態。

黄色ニキビ

赤ニキビが悪化し膿が溜まった状態。

アクネ菌や黄色ブドウ球菌を退治するために、白血球が集まって戦います。

その白血球の死骸が膿として溜まっている。

NGケア

・つぶす

・膿を出す

・過剰なケア

・保湿不足

紫ニキビ

黄色ニキビと違いごわごわした感触で、デコボコの見た目です。

膿や血液が溜まった状態。

皮膚表面にしこり上の赤黒い大きな塊のようなニキビが盛り上がり紫ニキビとなります。

皮膚の奥にある膿は通常ゆっくり吸収されていきますが、

血のめぐりが悪いと膿や炎症がいつまでも溜まったままの状態になります。

皮膚科での治療

皮膚科での治療は、自分で行うホームケアでの薬剤よりも濃度が高いものを使用できたり内服薬などでの悩みを早くに改善ができます。

外用薬

いわゆる塗り薬です。

市販で手に入るものよりも効果的である反面、

副作用なども注意が必要で、医師に処方されてから使用できる薬です。

角質の剥離作用・アクネ菌の殺菌作用・炎症を抑えるなどの効果があります。

内服薬

アクネ菌の増殖や炎症を抑制する抗菌薬が主に使用されます。

皮脂分泌の抑制や抗酸化作用を期待した補助内服療法として、

ビタミン剤が処方されます。(ビタミンB群)

また、治療の選択肢として漢方薬が使用されることもある。

理学療法

面ぽうの内容物を取り除いたり、化学薬品で角層剥離させるケミカルピーリングなどが存在する。

他にも、イオン導入やレーザー治療など様々な種類が存在するが、

専門の皮膚科医の中でも、使用している機材や薬剤が異なっている為、効果も様々です。

ニキビケアの代表的なものをご紹介していきます。

理学療法

ケミカルピーリング

皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を酸で溶かしはがすことで起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。

腫れや炎症などのリスクがあり、

「皮膚科診療技術を十分に習得した皮膚科専門医か、それ同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われているべき行為」となされています。

【使用する薬剤】

グリコール酸・サリチル酸・トリコロロ酢酸・乳酸など。

グリコール酸ケミカルピーリング(AHA)

グリコール酸は、角質を酸で溶かし、肌の防菌効果がありニキビ菌の繁殖を抑える効果があります。

グリコール酸は、角質層にのみ反応するため、角質層以外の細胞を傷つけず

施術後の赤みや腫れはほとんどみられない。

通院回数:月2回程度 金額:約5000円~10000円

サリチル酸ケミカルピーリング(BHA)

古い角質を溶かし、代謝を促進させて肌のターンオーバーを正常にさせる。

肌のハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを増やして皮膚を丈夫にする。

悩み:しみ・そばかす・くすみ・にきび・ニキビ跡・しわ・たるみ・毛穴の開きの改善と大人にきびに有効

通院回数:月1回 金額:約5000円~10000円

イオン導入(ビタミンC・トラネキサム酸・GG)

皮膚は、外敵の侵入を防ぐバリア機能という働きがあります。

この働きによって、細菌や外的刺激から肌を守ることができます。

スキンケアも外的刺激としてほとんど肌へ吸収されないことが現実です。

そこで、肌内部に栄養を奥深くまで浸透させることのできる技術がイオン導入です。

弱い電流の力を借りイオン化し、プラス同士・マイナス同士がはじき合う原理を利用して肌のバリア機能を通過させ、有効成分を吸収させます。

【ビタミンCの効能】

・メラニン生成を抑制

・抗酸化作用で活性酸素を除去

・真皮層のコラーゲンを増殖を促進

・皮脂膜の働きを抑制

【トラネキサム酸】

美白有効成分のひとつ

・肝斑

・炎症を抑える

・肌荒れ

【GG(グリシルリシン)】

・毛穴を引き締める

皮膚科治療での例

・ビタミンCローション(乾燥しやすい)

・APPS+Eローション(水溶型ビタミンE)(乾燥しにくく低刺激)

・APPS+Eローション+GG(ビタミンCローションとAPPS+Eローションの間)

この3つの薬剤を肌状態に合わせて組み合わせることができます。

そのほか、アスコルビン酸リン酸MGとトラネキサム酸を組み合わせるパターンの皮膚科もあります。

効果:約一か月  金額:約5000円~数万円

レーザー治療

ニキビのレーザー治療に使う種類のレーザーには、

☑ニキビの治療

☑赤みの軽減

☑ニキビ跡を目立たなくする

などの作用があります。

種類が様々ですが、

毛包を分解し、ニキビをできない状態にするものや

真皮に熱を加えて真皮が収縮することでコラーゲン産生を促し、凹凸を均一化させるものもあります。

顔全体の赤みであれば、光治療が適切という場合もあります。

レーザー回数:6~7回 間隔:1~2週間

※個人差あります

化粧品での効果で比べると、早くに確実に実感がしやすい方法です。

ニキビになりにくい人がしている習慣4つのこと

クレンジング洗顔

朝・晩の洗顔のアイテムを使い分けている。

夜はメイク類の油分をクレンジングと一緒に洗い流す必要があるので、

洗顔料も洗浄力が比較的高めを選択。

朝は、皮脂やほこりや夜につけたスキンケアを洗い流すので、

洗浄力は弱めを選択。

もはや、朝洗顔をしない選択肢はない

②保湿

オイリー肌だからスキンケアはあまりしないということもない。

自分にあった保湿をしっかり行う。

洗顔後やお風呂あがりは肌がアルカリ性に傾いている為、刺激になりやすい。

肌は自分で中和する力を持っているが、環境や肌状態によって働きが弱くなている場合もある。

③食生活

よういわれることですが、食生活は必ず影響します。

悪いものを排除することが難しい状況であれば、

加えるということを視野に入れてはいかがでしょうか。

ビタミン類を朝に少し加えることから始めましょう。

ニキビのできにくい人は腸内環境を大切にしています。

④代謝をUP

体の代謝は皮膚の代謝とも大きく密接していると考えます。

軽い運動や、入浴などの代謝UPを日常的に取り入れる習慣をつけましょう。

⑤過度なスキンケアをしない

スキンケアの付けすぎや、洗浄のしすぎや、マッサージのし過ぎは

肌への負担ですので、適度に休むことを意識しましょう。

スキンケアアイテムを2品・3品までに収めることが理想です。

ニキビ肌にならない為の肌つくり

毎日のスキンケアをいかにシンプルに

毎日のスキンケアをシンプルにすることが大事。

やめる勇気

をもちましょう。

「洗浄はしっかり。保湿は適度に」を合言葉に頑張りましょう。

週一回のスペシャルケア

医療でもしているピーリングは、

ホームケア用もたくさん販売されています。

週一回のスペシャルケアで

ピーリングをしてから、ビタミンC類のパックをすると効果的ですね。

肌状態をみて試してみてください。

まとめ

医療でのニキビケアと家でのニキビケアとご紹介しました。

自分の生活環境ニキビの症状に合わせて、対処していきましょう。

みんなで、ニキビ肌から脱出しましょう。