スキンケア

クレンジングの種類と選び方のポイント

クレンジングと洗顔は肌を健やかに保つ為にはとても需要です。

肌に不要なものを取り除き肌を清潔にた保つ為のアイテムですが、クレンジングと洗顔はそれぞれ役割が違います。

クレンジング

クレンジングはメイクの油分や毛穴に詰まった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすものです。
メイク類を乳化させ、浮いた汚れを水で洗い流す方法が一般的です。
クレンジング料の特徴として、油性成分と水性成分と界面活性剤の配合量の割合で
クレンジング料の種類が存在します。

洗顔

洗顔料は、お肌に必要のなくなった角質や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とします。
クレンジングで乳化させた汚れの洗い残しも一緒に洗い流します。

肌の不要な汚れや皮脂や角質を取り除くことで肌はスムーズに生まれ変わることができ、肌トラブルを最小限に抑えます。

人間の肌は、一人一人違うので自分の肌質に合ったクレンジングや洗顔を使用する必要があるのです。

間違ったクレンジングや洗顔方法では肌の皮脂を落としすぎてしまったり、汚れを綺麗に落とすことができずに肌トラブルの原因となります。

きちんとクレンジングや洗顔の役割を理解して、自分の肌質に合ったアイテムを使用しましょう。

クレンジングの種類

クレンジングの種類は大きくわけて2種類です。

溶剤型と界面活性剤型になります。

溶剤型

溶剤型とは、油は油とよく混ざる性質を利用して
油性成分が汚れ落としの中心的な役割を担うタイプです。
肌への密着性が高く、脱脂力が高いことが特徴。

界面活性剤型

界面活性剤が油を包み込む性質を利用して、
界面活性剤が汚れを落とす中心的な役割を担うタイプです。
界面活性剤は水になじみやすい部分と、
油となじみやすい部分の2面性をもっています。
油で汚れを浮かしてすすぎの際に水にくっつき、
油汚れと一緒に洗い流されるというメカニズムになります。

クレンジングタイプ

洗浄力

水クレンジング

サラサラで水のようなテクスチャーでふき取ってメイクオフが可能。
クレンジングミルク 乳液のようなサラッとしたテクスチャーで優しい洗浄力。
クレンジングクリーム なめらかな質感で洗浄力がマイルドでしっとりした洗いあがり。
クレンジングジェル 洗浄力が高くオイルが苦手な方向き。水性タイプと油性タイプがある。
クレンジングオイル 洗浄力が高く、ほとんど界面活性剤や油性成分で構成されている
クレンジングバーム オイルタイプの固形状のもので顔に乗せると溶けてオイル状になる
クレンジングシート ローション状のクレンジング料をシートに含ませたタイプ

このように、メイクの油分を洗い流す方法がたくさんあります。

肌状態や肌質生活環境で自分に合ったアイテムを選択しましょう。

水クレンジング

ほとんどが水で、配合された界面活性剤でメイク汚れをオフします。水クレンジングをコットンに含ませてそのままメイクになじませます。

洗顔が不要のものもあり、忙しい女性には使用しやすいアイテムですが、コットンでメイク汚れを落とすので摩擦での肌負担がありますので、ニキビができている方乾燥肌の方は控えてください。

また、界面活性剤や保湿成分の配合量でも洗浄力が変わります。

メイクの濃い方は、保湿成分の配合量の多いものだた洗浄力が弱く感じるかと思いますので、成分表を見てからご検討ください。

メリット

ふき取りでメイクオフが出来、手軽。

オイルが苦手な方には洗浄力が高くさっぱりした洗いあがりになる。

まつエクでのアイメイク落としができる。

デメリット

肌への摩擦

濃いメイクでは汚れが落ち切れない

アイメイクなどのウォータープルーフは落ちにくい場合がある

 

クレンジングミルク

クレンジングミルクは、クレンジング乳液とも呼ばれるサラッとした軽いタイプのクレンジングです。基本的にはクレンジングクリームと同じ処方で、水性成分が多いのがクレンジングミルクと言われています。

なめらかな質感が特徴で、洗浄力はかなりマイルドです。乾燥肌の方やシンプルなナチュラルメイクな方で肌に負担をかけたくない方におすすめです。

メリット

肌に優しくメイクを落とせる

柔らかい乳液のような質感でさっと水洗い流せるので肌負担が少ない

デメリット

油性成分がすくないのでメイクなじみに時間がかかる

アイメイクは落ちない

 

クレンジングクリームとは?

クレンジングクリームは、クレンジングミルクと骨組みは同じで油分の多い方が、クレンジングクリームタイプとなります。

クレンジングミルクよりも、洗浄力が高くクレンジングジェルよりも低いです。こっくりとした質感で、皮膚温で温めてからお顔にクリームを伸ばすとよりお肌への密着度があがります。

 

メリット

肌への摩擦がなくしっかりメイクになじませることができる

脱脂力が低いので皮脂を奪われにくい

デメリット

濃いベースメイクはなじみにくい

アイメイクは落ちない

クレンジングジェルとは?

クレンジングジェルは水性タイプと油性タイプとオイルイン水性ジェルタイプと3タイプに分かれます。

水性タイプ 油分を配合していないので洗浄力が弱い
油性タイプ オイルが主成分で洗浄力が高い
オイルイン水性タイプ 少量の油油分を配合しておりメイクなじみがいい

 

 

クレンジングオイルとは?

ほぼ油性成分と界面活性剤から成り立ち、

濃いメイクを落とすことができる程の洗浄力になります。

その分、肌への負担も大きいとされています。

ただし、クレンジングオイルにも3種類存在します。


オイルには
 
・『油脂系』
…コメヌカ油、オリーブ油、マカデミアナッツ油、アルガンオイルなどの「油脂」が主成分。
 
・『エステル系』
…パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸オクチルドデシル、エチルヘキサン酸セチルなど「エステル」が主成分。
 
・『炭化水素油系』
…ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、イソドデカン、スクワランなどの「炭化水素油」が主成分。
 
の3つのパターンがあり、
 
 
中でも『油脂系クレンジング』はオイル特有の高いメイク落とし力を持ちながら、
 
肌に必要な保湿成分や油分は適切に残しつつ洗えるという非常に優秀なクレンジングです。
 
 


かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

各種クレンジングの特性と『油脂系クレンジング』について

 

美容を教える化学の先生おなじみの、かずのすけさんが油脂クレンジングを推奨されており、

じわじわと人気があがりつつある『油脂クレンジング』。

 

クレンジングオイルは乾燥する、つっぱるなどの印象をお持ちの方が多いと思います。

そのような印象を与えているクレンジングオイルの種類は

上記にある『エステル系』と『炭化水素油系』です。

『油脂系』は、美容オイルなどでも知られている植物油脂などを主成分にしたクレンジングオイルになりますので、

洗浄力が高く、美容効果も一緒に感じることができる優れものです。

しっかりメイクを落としたい。毛穴の黒ずみを改善したい方におススメです。

肌のうるおいを残したまま余分な汚れを洗い流します。

 

まとめ

クレンジングの4タイプをご紹介しました。

このように、油分と水分と界面活性剤の配合の割合で、

クレンジング料の種類が存在します。

選ぶときのポイントとしては、

現在のメイクの濃さと現在の肌状態に合わせて使いわけることが大切です。

 

その中でも、『油脂クレンジング』

しっかりメイクを落とせてうるおいを保てる

今一番おススメのクレンジングの種類になります。

 

チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
akina
akina
【日本化粧品検定1級】 【JMAメーキャップアドバイザー】 【食生活アドバイザー】 などの美容に関する資格を取得。 某国内大手化粧品会社でビューティーアドバイザ-として勤務した経験を活かして、美容情報を発信します。